スポンサーリンク

【NPB】阪神・スアレスが残留決定!今オフの阪神が熱い!

スポンサーリンク
阪神タイガース NPB
スポンサーリンク

こんにちは!

 珍しく早起きに成功した関西人です。

 さて、昨晩タイガースファン朗報が届きました!

一旦は自由契約となっていたロベルト・スアレス選手が残留決定となりましたね。

これは非常に大きなニュースでしょう。

以下はデイリースポーツ(Yahooニュース)からの引用です。

 阪神が今季のセ・リーグ最多セーブを記録し、去就が注目されていたロベルト・スアレス投手(29)と2年675万ドル(約7億円)で合意した、と13日、MLBネットワークのジョン・モロシ記者が自身のツイッターで伝えた。  

 同記者によると、2年目、22年シーズンの契約の選択権は球団ではなく、選手側にある。同投手は来季も好成績を残し、メジャーから阪神を上回る条件があれば、オプションを行使せずに移籍することが可能となる。  

 ベネズエラ出身のスアレスは15年にメキシコリーグをへて16年にソフトバンクと契約。今季は移籍1年目の阪神で守護神・藤川の不調により抑えに昇格し、160キロを超える直球を武器に51登板、3勝1敗25セーブ、防御率2・24をマークした。安定した投球でチーム2位に大きく貢献し、最多セーブのタイトルを手にした。  

 今季は1年契約だったこともあり、いったんは阪神の契約保留者名簿から名前が外れたスアレス。メジャー球団が調査するなど、今オフの動向が注目されていた。

阪神が守護神スアレスと2年7億円合意 MLB移籍への布石か 2年目は選手に選択権(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

 これはタイガースとしての最大限の誠意を見せた格好ですね。

2年目はスアレス選手の選択制とすることでコロナ禍が収まったあとのMLBにも挑戦しやすいといった両者メリットのある契約内容でしょう。

今季からタイガースに入団し、シーズン序盤にクローザーに定着したスアレス選手は1年でタイガースに欠かせない存在となりました。

恐らくスアレス選手がいなければ今季Aクラス入りも微妙だったのではないでしょうか。

2年7億という契約は少し高い気もしますが、球団はその働きぶりに見合う価値があると判断したのでしょう。 

 今オフのタイガースは糸井(2億1500万)、ボーア(2億7千万)、藤川(2億)、ガルシア(1億6500万)、福留(1億3000万)、能見(9500万)、上本(4800万)と、主要な選手だけでも相当なコストカットに成功していますので、コロナ禍でも金銭面には余裕があります

スアレスに加えてメル・ロハスJr選手とチェン・ウェイン選手が加入すると報道されており、またKBOの20勝右腕であるラウル・アルカンタラ選手も入団間近であるという報道もありますので、これらの選手が加入するとなると相当熱いですw

来季への本気度が伺えますので、ここに若手の力も加わると本当に優勝もあり得るのではないでしょうか。

来季のタイガースに期待です!

 それでは、良い一日を!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました