スポンサーリンク

【NPB】西武・吉川光夫を金銭トレードで獲得!左腕不足の解消の足掛かりとなるか!?

スポンサーリンク
吉川光夫 NPB
スポンサーリンク

こんにちは!

 珍しく規則正しい生活を送っている関西人です。

 さて、今朝起きるといろいろなニュースが飛び込んできましたが、本日はこのニュースを取り上げたいと思います。

ライオンズがファイターズの吉川光夫投手を金銭トレードで獲得したとの報がありましたね。

以下はスポニチアネックス(Yahooニュース)からの引用です。

 西武が日本ハムの吉川光夫投手(32)を金銭トレードで獲得することが19日、分かった。20日にも発表される。今季は5試合の登板に終わったが12年には14勝5敗でMVPにも輝いた左腕は、慢性的に左投手が不足しているチームの補強ポイントにもマッチ。来季の2年ぶりのリーグ優勝を見据え、戦力補強に動きだした。

 来季に狙うはV奪還。西武が課題の左腕補強に動いた。この日までに日本ハムから吉川を金銭トレードで獲得することに合意した。  

 吉川は06年の高校生ドラフト1巡目で日本ハムに入団し、6年目の12年に才能が一気に開花。14勝5敗、リーグトップの防御率1・71でリーグ優勝に貢献し、MVPにも輝いた。しなやかな腕の振りから最速150キロを超える直球と切れのある変化球が持ち味だったが、その後は左肘痛もあり低迷。17年から19年途中まで在籍した巨人でも輝きを取り戻すことはできなかった。  

 古巣の日本ハムに復帰して2年目の今季もわずか5試合の登板に終わったが、左肘も含めコンディションは良好。西武が通算55勝の左腕に白羽の矢を立てた理由は深刻な左投手不足がある。リーグ3連覇を逃して3位だった今季は25試合目の楽天戦の榎田まで左腕の先発がなし。新外国人のノリンは1勝2敗で左肩痛を発症し、今季限りでの退団が確実だ。終盤に新人左腕の浜屋が3勝と奮起も巨人から移籍2年目のベテラン内海は1勝止まり。救援陣も今季38試合で2勝1敗、防御率2・10と奮闘した小川が16日に左肘の手術を受け、来季開幕に間に合うかは微妙な状況だ。  

 今秋ドラフトでは1位で指名した最速155キロ左腕の早大・早川は4球団競合の末に外したものの、2位では最速152キロで即戦力左腕のNTT東日本・佐々木健を指名。渡辺久信GMが「即戦力左腕の獲得は、今季のうちになかったところの補強」と話し、辻監督も「左投手が欲しかった」と明かしていた。  

 山川、中村、森らを擁する打線は12球団屈指の破壊力を誇る一方で、今季のチーム防御率4・28は3年連続でリーグワースト。先発、中継ぎと経験豊富な吉川の加入は、課題解消への大きな一歩だ。また、送り出す日本ハムも功労者で指導者候補でもある吉川が、新たに経験を重ねることを期待している。来季はプロ15年目。かつてのMVP腕がライオンズブルーのユニホームに袖を通し、完全復活を目指す。

西武、日本ハム・吉川獲得!12年パMVP、金銭トレードで課題の左腕補強!https://news.yahoo.co.jp/articles/3fb3332575e78cd068747c31a787fe1e238794ab

 金銭の額は執筆時点では明らかになっていませんが、そこまで多くはないと推測しています。

ここ2年そこまで戦力になってた訳ではないですからね。

しかし、慢性的な左腕不足であるライオンズから求められて移籍ということで、本人的にも良かったのではないでしょうか。

左腕で来季も使えそうなのが今のところ濱屋くらいしかいなかったので、先発ローテ入りもある程度可能性はあるのではないかと思います(もちろん、来季のオープン戦の成績なども加味されますが、、、)

 今回のトレードで吉川投手は3回目のトレード移籍ですね。

確か江夏豊さんの4回のトレード移籍が最多だった思います(間違っていたらすみません)

私自身、2012年のあの投球は今でも忘れられません。

同じように思っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

なので、期待してしまう人が続出するって感じですよねw

巨人時代もブルペンではすごい球を投げてたという話も聞いたことがありますし、何かキッカケがあればMVP級の投球は無理でも、二桁勝利はいけるのではないかと楽観的に捉えております。

いずれにせよ、来季の吉川投手の飛躍、ひいてはライオンズ投手陣の良化には期待せざるを得ませんね!

それでは、良い一日を!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました