スポンサーリンク

【NPB】ヤクルトがホセ・オスーナを獲得! 本人がフライングで発表ww

スポンサーリンク
ホセ・オスーナ NPB
スポンサーリンク

こんにちは!

 朝からパソコンに向かいっぱなしの関西人です。

 さて、以前から当ブログが注目していたホセ・オスーナ選手の獲得戦線ですが、スワローズがどうやら獲得したようですね。

公式声明がまだですが、ホセ・オスーナ選手本人が自身のインスタグラムにてフライング発表しました。

以下はフルカウントからの引用です。

 パイレーツのホセ・オスーナ内野手が26日(日本時間27日)、自身のインスタグラムを更新。球団発表の前にヤクルト入りを“フライング”で発表した。「この新たな章にワクワクしています」などと意気込みを語っている。

オスーナは、自らの姿とヤクルトの球団ロゴを配した写真を投稿。「NPBの東京ヤクルトスワローズと2021年にプレーする契約をしたと発表することをうれしく思います。この新たな章にワクワクしています。皆さんの応援に感謝します。僕の日本での旅も応援し続けてほしいです」と綴った。

オスーナは2017年にメジャー初昇格を果たし、同年は104試合に出場し打率.233、7本塁打30打点をマーク。今季26試合に出場し打率.205、4本塁打11打点で、通算では276試合に出場し打率.241、24本塁打88打点。12月で28歳を迎える、右投右打のユーティリティプレーヤーだ。

 米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」も、このインスタ投稿を引用して報道。「オスーナは11年のプロキャリアをずっとパイレーツで過ごしたため、NPBへの移籍は特に大きな変化となる。12月まで28歳にならず、キャリアを軌道に乗せ、日本でのプレーを継続したり、北米復帰の可能性を模索する時間はたくさんある」と見立てた。

MLB通算24発のオスーナが”フライング”でヤクルト入り発表「新たな章にワクワク」 | Full-Count (full-count.jp)

 以下がオスーナ選手のインスタ投稿のリンクです。

https://www.instagram.com/p/CIE3eDZMncE/?utm_source=ig_web_copy_link

 オスーナ選手に関しては以前の記事にてピックアップしておりますのでこちらからどうぞ(【MLB・NPB】オリックスなどが調査中のホセ・オスーナがDFAに!本格的に争奪戦が開幕か!? | 関西人のスポーツ雑記 (jumblesports.com)

 オスーナ選手がバファローズの公式インスタグラムをフォローした際はバファローズ確定だと思って喜んだのですが、その後フォローを解除してスワローズ入団となりました。

報道や経緯的にもバファローズが獲得目前だったのは間違いないようですが、直前に代理人との交渉で条件面が折り合わなかったのか、もしくはスワローズが好条件を提示し逆転獲得したということが推察されます。

以前でも当ブログで言及したように、スワローズは村上選手の後ろを支える強打者が必要となっていました。

ここにフィットする筆頭候補がオスーナ選手のだったのでしょう。

オスーナ選手がフィットすることにより村上選手が勝負され、好成績につながるといった効果も期待できます。

加えて、個人的に魅力な点といえばやはり皆さんが考えるように、神宮球場でしょう。

ホームが神宮球場というアドバンテージを生かして猛打を発揮してもらいたいです。

直球にはMLBレベルでも比較的強く、NPBレベルとなると心配ないレベルではないでしょうか。

問題はやはり変化球の見極めですね。

落ちる球はともかく(落ちる球に強い人なんてほとんどいない為)、外に逃げる球の見極めです。

この辺りの見極めが厳しいとなると期待が薄くなってきます。

もちろん、オスーナ選手に限った話ではないのですが、、、

ともかく、山田選手が残留し、オスーナ選手が加わったスワローズ打線には注目せざるを得ません!

 この大物逃したバファローズはKBOのメル・ロハスJr選手の獲得に動くそうですね。

ロハスJr選手もジャイアンツが追っているそうなので争奪戦不可避です。

またおいおいロハスJr選手についても記事が書ければいいなと思っております。

 それでは、良い一日を!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました