スポンサーリンク

【NPB】オリックス・吉田正尚が入団6年目野手最高の2.8億円で更改!なぜ越冬したのか?

スポンサーリンク
吉田正尚 NPB
スポンサーリンク

こんにちは!

 ラーメンブームが自分の中で起きている関西人です。

 さて、昼頃に吉田正尚の契約更改情報がようやくきました。

以下はフルカウント(Yahooニュース)からの引用です。

 オリックス吉田正尚外野手が22日、球団事務所で契約更改交渉に臨み、8000万円増の年俸2億8000万円プラス出来高で更改した(金額は推定)。入団6年目以内の野手では史上最高額となった。選手会長として迎える今シーズンに向け「チームは優勝、個人としてはタイトル争いをして1個でも多くタイトルを目指していきたい」と意気込んだ。  

 プロ5年目の昨季は120試合に出場し打率.350、14本塁打64打点をマークし首位打者のタイトルを獲得。3年連続全試合出場を果たし2年連続最下位のチームの中で孤軍奮闘の活躍を見せた。コロナ禍でオフシーズンが短く日程の都合が合わず、条件面でも折り合いが付かない状況で越年となっていたが「今回、年越してしまいましたが下交渉も遅かって、沖縄で自主トレも始まっていた。それなら帰ってきてからで」と説明。  

 一昨年の契約更改では年俸8000万円から235%の大幅昇給となり一気に2億円の大台に到達。今回の契約交渉でも8000万円増の年俸2億8000万円となり入団6年目以内の野手ではソフトバンクの柳田(2016年・2億7000万円)を超える史上最高額となった。  

 1月8日から行ってきた沖縄自主トレでは日本ハムの西川遥輝外野手とトレーニングを続けて来たことを明かし「ほとんど遥輝さんがメニューも決めてくれて。ハードなトレーニングができましたので盗塁で恩返しできれば」と笑いを誘っていた。

〇オリックス吉田正尚の年俸推移(金額は推定)

2016年 1500万円

2017年 2100万円

2018年 3100万円

2019年 8500万円

2020年 2億円

2021年 2億8000万円

オリ吉田正、入団6年目野手最高の2.8億円でサイン 「1個でも多くタイトルを」(Full-Count) – Yahoo!ニュース

 入団野手6年目最高の2.8億円での更改ということで、良い結果が出てよかったですね。

今までは柳田選手がトップだったようですが、その大台を今年で今オフで超えることが出来ました。

野手陣で通年結果を残しているのは吉田選手のみという現状、大幅に上げるとすると吉田選手のみとなりますよね。

親会社のオリックスはコロナ禍の影響を受け業績を落としてはいますが、企業としての体力は流石なところがありますので、タイトルホルダーには惜しみなく出しますね。

惜しみなく出すときには出しておかないと今後FAになった時に出ていかれる可能性が高くなるので、このあたりの塩梅は間違っていないでしょう。

(というか順調にいくと吉田正・山本由・山岡の3人が同時にFAなんですよね、、、、もう覚悟はしておりますがw)

 そして、揉めている説や自主トレの影響説など挙がっていた越冬した原因ですが、どうやら自主トレの影響説が正解のようですね。

コロナ禍でオフが短かったので、自主トレ終わりにしたかったみたいですね。

変な確執が起きてなくて安心しました。

 今年もタイトル目指して突っ走って欲しいですね!

それでは、良い一日を!!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バファローズポンタ30cmぬいぐるみ2019
価格:8979円(税込、送料別) (2021/1/22時点)



コメント

タイトルとURLをコピーしました