スポンサーリンク

【MLB・NPB】オリックスなどが調査中のホセ・オスーナがDFAに!本格的に争奪戦が開幕か!?

スポンサーリンク
ホセ・オスーナ MLB
スポンサーリンク

こんにちは!

 近頃Among usというゲームにハマり中の関西人です。

 さて、今朝パイレーツのホセ・オスーナ選手がDFAとなりました。

以前からアジア行きが噂されていた選手ですのでこれから争奪戦が激化しそうです。

以下はサンケイスポーツ(Yahooニュース)からの引用です。

 オリックスが来季の新外国人候補として、ホセ・オスーナ内野手(27)=パイレーツ=をリストアップしていることが19日、わかった。三塁や一塁に加え、外野も守れるユーティリティーな右の大砲。チームの補強ポイントである三塁の穴を埋めるべく、調査を重ねていく。  

 25年ぶりのリーグ優勝を目指す上で、オリックスの課題は多い。なかでも、三塁手は重要な補強ポイントだ。その穴を埋めるべく、来季の新外国人候補として、オスーナをリストアップしていることが判明した。  オスーナは2010年にパイレーツとプロ契約を結ぶと、17年4月18日にメジャー初昇格。昨年は95試合に出場し、打率・264、10本塁打、36打点と頭角を現した。守備位置は主に三塁と一塁で、三塁手としてはメジャー通算31試合に出場し、失策数は「0」。安定した守備力に加え、左翼や右翼も守れるユーティリティー性もある。

 今季は26試合で打率・205、4本塁打、11打点と思うような成績は残せなかったが、12月12日で28歳とまだまだ伸び盛りな部分も魅力だ。  

 オリックスは近年三塁手を固定できず、今季も中川や大下、宗、福田らが日替わりのような形で出場するケースが多かった。来季高卒3年目の太田ら有望な若手が定着することが望ましいが、1年間通して活躍できるかは不透明。来季も残留が決定的なモヤや2年契約の2年目となるジョーンズとともに、打線を形成するオスーナら新外国人の獲得にも力を注いでいく。

オリックスの新外国人候補にパイレーツ・オスーナをリストアップ!内外野守れる右の大砲https://news.yahoo.co.jp/articles/8d3c075797da6e7d6fd386caaef2b3d1075f82bc

  このニュースが出るまでジャイアンツが本格調査に乗り出しているという噂を耳にしていたので正直驚きました。

以下がホセ・オスーナ選手のプレー動画です(この方のまとめツイートは素晴らしいのでフォローをお勧めします)。

 非常に期待できそうな選手ですね。

速球を潰せそうというのが個人的に一番期待できるポイントです。

今のバファローズには全然居ませんからねw

振り返ってみると、今季のバファローズの三塁手問題はセンター問題の次に大きな課題でした。

開幕当初は中川がレギュラーを張っていたわけですが成績が奮わず二軍降格、そして宗や福田、途中からは大下も出てきて日替わり状態でした。

将来のコアプレイヤーである太田もいますが、如何せんケガの頻度がすごいです。

そして、誰もレギュラーを確約できるような成績は残せず、未だに穴のままです。

ここにオスーナ選手が入ってきてくれると、一気に問題解決に近づけそうです(残るはセンターなのですがw)

アジア全体を巻き込む大争奪戦になると個人的には予想していますが、我らがバファローズがそこを出し抜いて獲得できるのかどうか、緊張半分で見守っていきたいと思います!

それでは、良い一日を!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました