スポンサーリンク

【MLB】元ロイヤルズのクローザーであるケルビン・ヘレーラが31歳の若さで電撃引退!

スポンサーリンク
MLB
スポンサーリンク

こんにちは!

 クイーンに謎ハマり中の関西人です。

 さて、今日は少し驚きのニュースがあったので取り上げたいと思います。

ロイヤルズが世界一になった立役者であるケルビン・ヘレーラ選手が31歳の若さでありながらも引退を表明しました。

以下が引退をする旨のツイートです。


 ここ数年成績が奮わなかったとはいえ、なかなか驚いた方も多いと思います。

ロイヤルズがなんとか拾ってくれないものかとも思いましたが、枠的にも財政的にも厳しかったのでしょう。

 ヘレーラ選手は2006年にロイヤルズへ入団後、6年のマイナーでの下積みを経て2011年にメジャーデビューを果たしました。

2013年にはドミニカ共和国代表としてWBCにも出場し、全勝優勝に貢献しています。

2014年からロイヤルズでの勝ちパターンに定着し、7回の男として躍動しました。

2015年にはオールスターに出場、そしてロイヤルズの世界一にも貢献しています。

2017年からはクローザーも任されるなどフル回転していましたが、酷使が祟ったのか2018年の後半からは大きく成績を落とすようになりました。

そして、去年の夏を最後に所属が決まらない状態が続いていましたが、昨日に引退を表明しました。

 100マイル越えの速球を武器に躍動する姿が好きな方も多かったと思います。

31歳ということでもう少しできるのではと思ってしまいますが、第一線で活躍した選手だからこそ見える光景というものがあるのでしょう。

その決断を尊重したいと思います。

 これからは恐らく解説者かロイヤルズのコーチの道を歩むのではないかと思っています。

カンザスシティの英雄ですので、ファンからは親しまれておりますし、ヘレーラ選手も戻ってきたい気持ちはあるのではないかと推測します。

このまま第二の人生を突き進んで欲しいと思いますね。

 それでは、良い一日を!!





コメント

タイトルとURLをコピーしました