スポンサーリンク

【MLB】マリナーズの球団社長がまさかの失言祭りで炎上!?岩隈久志氏にも言及?

スポンサーリンク
MLB
スポンサーリンク

こんにちは!

 ものもらいみたいな症状に襲われ、右目が半開きの関西人です。

 さて、今日は不祥事関連のニュースです。

シアトル・マリナーズの球団社長であるケビン・マザー氏が地元のイベントにビデオ出演し失言祭りを行った後、帰っていきました。

その中には長年マリナーズで活躍し、現在特命コーチとして活躍している岩隈久志氏にも言及があったようです。

以下はデイリースポーツ(Yahooニュース)からの引用です。

 菊池雄星投手が所属するマリナーズのケビン・マザー球団社長が21日(日本時間22日)、動画サイトYouTubeに投稿(のちに削除)されるなどSNS上で拡散し、物議を醸している自身の“失言連発動画”での発言内容を謝罪する声明を出した。  

 マザー球団社長は今月5日に行われた地元のロータリークラブ主催のイベントにビデオ出演。拡散されている47分の動画の中で同球団社長はイベント参加者らの質問などに答える形で選手名を挙げながら球団の財政や選手編成に関する内部事情や自身の不満など、否定的な発言をしている。  

 海外選手に関する質問の答えた際には18年までマリナーズでプレーした岩隈久志氏についても言及。今季から特命コーチとして球団や選手をサポートする同氏の人間性を褒める一方で「言わせてもらうが、彼の通訳への給料支払いにうんざりしている。彼が選手だった時に我々は彼の通訳に年間7万5000ドル(約800万円)を払う必要があった。そのことを彼に言ったら彼の英語は劇的に良くなったのですよ!極東から来たベテラン選手には通訳をつけているし、ドミニカやベネズエラ、カリブ海から来た選手には若いうちから大きな投資をしています」と話した。  

 複数の米メディアが一連の騒動を大々的に報じ、ツイッター上では「#FireKevinMather(ケビン・マザーをクビにしろ)」などがトレンド入り。マザー球団社長はこの日夜に声明を出し、謝罪の言葉とともに「私の言動に対して弁解の余地はなく、今回のひどい過ちの責任はすべて私にあります」。さらに「発言は私個人のものであります」とつづり、球団とは無関係であることを強調した。

マリナーズ球団社長“失言連発動画”拡散で謝罪 岩隈氏もとばっちり(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

 うーむ、これはサービス精神が旺盛すぎた結果と捉えるべきなのか、それとも人間性が垣間見えてしまったというべきなのか、、、という感じです。

他にもカイル・シーガー選手に対しても「給料をもらいすぎ(意訳)」といったような発言もあったようで、非常に現地のファンの反感を買っているようです。

生え抜きの選手にもこのような発言をしてしまっては元も子もないですよね。

マリナーズが弱い原因の一端が今回の騒動で見えた気がします。

しかし、現在のマリナーズというチームは非常に魅力的で、この点と今回の不祥事は切り離して考えるべきでしょう。

プロスペクトも豊富で2001年以来のポストシーズンを目指せるチームになりつつある中で、選手外からの不祥事が足を引っ張らないことを願っています。

 それでは、良い一日を!!




コメント

タイトルとURLをコピーしました