スポンサーリンク

【MLB】ノーラン・アレナドがカージナルスへ電撃トレード!コロナ禍の影響か?

スポンサーリンク
MLB
スポンサーリンク

こんにちは!

 エナドリの飲みすぎで糖分過多になりかけている関西人です。

 さて、本日はMLBで成立した電撃トレードについて触れていきたいと思います。

コロラド・ロッキーズのノーラン・アレナド選手がカージナルスへトレードされました。

ノーラン・アレナド選手は8年連続GG賞、さらに打撃タイトルも複数回獲得した経験のあるNLを代表する三塁手です。

前回のWBCではアメリカ代表の正三塁手として優勝にも貢献しました。

近頃のコロナ禍でロッキーズの財政状況は少し悪いようで、主力選手のトレードの噂は以前から絶えませんでした。

また、アレナド選手は以前に移籍報道に関する事由でチームに対して不信感をあらわにしていたこともあったため、トレードされるのではという予想も立てられていました。

しかし、昨オフに8年の長期契約を結んでいたので、すこしこのトレードは予想外でしたね。

 以下は中日スポーツ(Yahooニュース)からの引用です。

カージナルスが29日(日本時間30日)、ロッキーズからMLB屈指の名三塁手ノーラン・アレナド内野手を獲得するトレードで合意したと報じられた。米メディア「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者がレポートした。

 ローゼンタール記者は自身のツイッターで「カージナルスがノーラン・アレナドをロッキーズから獲得することで同意した。関係者がジ・アスレチックに語った」と投稿。「契約は、MLBと選手会の承認を待っている。ロッキーズはカージナルスに多額の現金を支払う。5000万ドル(約52億円)程度と考えられている」と綴った。  

 アレナドは2013年にロッキーズでメジャーデビュー。2015年からは2年連続で本塁打王と打点王の2冠に輝き、2018年には自身3度目の本塁打王を獲得している。8年連続でゴールドグラブ賞を獲得している名手で、8年間で通算1079試合出場、235本塁打、760打点、打率.293をマークしている。2019年オフにロッキーズとは2026年まで8年総額2億6千万ドル(約272億2000万円)の大型契約を結んでいた。

MLB屈指の三塁手アレナド、カージナルスに電撃トレード ロッキーズと合意報道(Full-Count) – Yahoo!ニュース

 カージナルスは正三塁手の不在が懸案の課題でしたので、アレナド選手の獲得によってこの問題を解決させたいということでしょう。

この流れのままモリーナ選手やウォン選手とも契約に至るのかということろが個人的に注視している点ですね。

 昨年までは本拠地がクアーズ・フィールド(標高が高い為、空気抵抗が少なく打者が超有利)であるロッキーズに在籍していたため、下山しても打棒を発揮できるのかという所が不安な点ではあります。

しかし、打撃が多少落ちても数年は守備でトップレベルの芸を見せてくれると思いますので、正三塁手は間違いないと考えるのが自然でしょうか。

 今季のカージナルスはブレーブスに打ち勝てるのか、そういった観点でシーズンを追っていきたいと思います。

 それでは、良い一日を!!




コメント

タイトルとURLをコピーしました